茶寿祝賀会

先日、108歳を迎えられる入居者さんの祝賀会をしました。

108歳のお祝いは「茶寿」といわれており、その由来は「茶」という字の草かんむりは古く「十十」と書いたので、ここで10+10で20。
次に、下の部分は「八十八」を縦書きしているので、草かんむりの20と足して108というわけだそうです。

 

108歳を記念して、厨房にて表彰状ケーキを作らせていただきました。A3サイズよりひと周り大きいもので、ホワイトチョコレートを溶かして薄くしたものにチョコペンで文字を入れました。(^0^)

 

 

 

表彰の後はケーキを切り分け、ご本人さんにも食べていただきました!^^

また、ご家族の方が作成された在宅介護時代のDVD上映や、これまでのお話を聞かせていただきました。

 

貴重なお話を聞かせていただきましたので、これからの介護に役立てていきたいと思います。

ありがとうございました。